生活その他

これは便利!固定資産税をPayPayで支払う

固定資産税をPayPayで支払ってみた

税金関係の支払いはいつもアナログですね。コンビニでプチ渋滞になったり金融機関の混雑する窓口で新型コロナウィルスの最中に支払ったりしている方も多いと思います。

私もいつも固定資産税は現金払い派だったのですが、今回封筒を開けてみると4月1日から市税の支払いがPayPayとLINEPayのアプリで支払いができるようになったとの通知が同封されていました。

こういった新しい取り組みが割と好きな私は早速、固定資産税の支払いに使ってみる事にしました。LINEPayもスマホにはインストールしているものの、使用した事がないので私は利用経験のあるPayPayで支払う事にしました。

固定資産税は4期に分かれて支払いをするのですが、いつも忘れると困るので4期分を一緒に支払いをしています。※一括に払っても市からはなんの特典もありません。

しかしPayPayで支払うと0.5%の残高が還元されます。少しとは言えやっぱり無いよりはあった方が嬉しいのは確かです。

で早速PayPayのアプリをたちあげ、スキャン支払いを選択して固定資産税の通知書に乗っているバーコードを読み取っていきます。

するとすぐにアプリで認識して支払いの形になります。とここでアプリの残高が無いことに気が付きます。

やむなくアプリにチャージをするのですが、こんなに大きな金額をアプリにチャージして結局払えなかったりしたらどうしようなどと貧乏根性が頭をよぎります。

カードからチャージを選択して後で妻に申し開きが出来る様に税金と同じ額をチャージします。

百円単位で金額を指定してチャージ出来るのでこの辺は便利です。

でスキャンして支払いしてみました。完了するとあの「ペイペイ!」という音が出ます(笑)ちゃんと支払えたかどうかは取引履歴の画面で確認できます。それぞれ0.5%の残高付与(34,000円の支払いには170円分)の還元がありました。

ちょっと面倒なのは通知書が4枚(4期分)あるので同じ作業を4回繰り返すというところくらいでしょうか?

でもコンビニとかで支払ったり金融機関の窓口で支払う事を考えればとっても便利な機能だと思います。

ちなみに同じ通知書で2回支払ってしまったらなどと考え2回同じものをスキャンしてみたところちゃんと「すでに支払い済みの通知書です」と認識してくれました。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

-生活その他