生活その他

多目的トイレ

多目的トイレのお話

なんだか今、全然違うことで注目を浴びている多目的トイレ。

多目的トイレとは

多目的(多機能)トイレとは、車いす使用者が利用できる広さや手すりなどに加えて、オストメイト対応の設備、おむつ替えシート、ベビーチェアなどを備えることで、車いす使用者だけでなく、高齢者、内部障がい者、子ども連れなどの多様な人が利用可能としたトイレのことです。

なお、最近では、乳児用ベッドに替え、乳児から大人まで使用できる「ユニバーサルシート」を設置しているトイレも増えています。

多目的トイレが使えないと困る人がいます

国の利用実態調査では、車いす使用者の約94%の方が多目的トイレで待たされた経験があると回答しています。

車いす使用者などの障がい者だけでなく、高齢者、子ども連れなどによる利用が集中して、使いづらくなっているという指摘をしています。車いす使用者は、広いスペースが必要なので多目的トイレを使用しています。また、筋力が弱っているなどの理由で我慢できない人もいるので、一般のトイレを利用できる人が、多目的トイレを利用することは控える事が望ましいと思いますw

多目的トイレは、私も子供が小さい頃によく利用して本当にお世話になりました。大体の多目的トイレには子供のおむつ交換台が設置されていておむつをしていた時代に子供が「トイレ行きたい」と言った時はまっしぐらに駆け込んでいた記憶があります。

自動でドアが開くボタンがあるので注意

大体の多目的トイレには退出時にドアをオープンするボタンがあります。

子供がトイレをした後に自分も一緒にトイレをしたりしている途中で、子供がいたずらして退出ボタンを押してしまったりすると超絶気まずい思いをしますw

まぁともかくトイレに行きたくて駆け込みたいという緊急事態の中で利用したいトイレが使用中だったりすると本当に焦ります。

多目的トイレは本当に切実に使用したい人がたくさんいるトイレですので利用目的以外の違う用途で多目的トイレを使用する事は控えて頂きたいと感じる今日この頃です。

-生活その他