健康関連

政府系金融機関・信用保証協会による融資・保証の対象外業種の見直し

パチンコ叩きの違和感

もちろんそれなりの事情はあったのだと思いますが、世間のパチンコ業界叩きに個人的に若干の違和感を感じていました。(特段業界に自身が関わりがあるとかパチンコが好きとかではありません)

ただ職業による貴賎の差はない、一般的には、どのような仕事も社会に必要とされているものである、働くこと・職務を全うすること・労働をして稼ぐことは等しく貴いことである、人を仕事の内容によって差別すべきではない。と社会人になった頃から上司に教わってきた身としては特定の職業を叩くことはとても違和感のある行為です。しかしここでほんの少し朗報がありました。

政府系金融機関・信用保証協会による融資・保証の対象外業種の見直し

これまで政府系金融機関・信用保証協会による融資・保証の対象外としてきた業種について、新型コロナウイルス感染症による影響を踏まえ、改めて各業種の状況等について見直しを行った結果、融資・保証の対象として拡充されました。

具体的には、ぱちんこ屋、場外車券売場・場外馬券売場・場外舟券売場、キャバレー業等(いずれも公序良俗等の観点から問題がある場合を除く)が政府系金融機関・信用保証協会による融資・保証の対象となりました。

まだあまりweb上での掲載が少ないのですが、鳥取県の保証協会さんの掲載が見やすかったのでご紹介させていただきます。

保証協会の保証を利用できる業種が拡充されます

2020年05月14日

以下の事業を行う中小企業者について、令和2年5月15日保証申込受付分より保証協会の保証利用が可能となります。

 

【保証利用が可能となる業種】

・キャバレー、待合、料理店、カフェー等(風営法第2条第1項第1号)(※1)(※2)

・低照度のバー・喫茶店(風営法第2条第1項第2号)(※1)(※2)

・区画席のバー・喫茶店(風営法第2条第1項第3号)(※1)(※2)

・ぱちんこ屋(風営法第2条第1項第4号)(※1)(※2)

・スロットマシン場(風営法第2条第1項第5号)(※1)(※2)

・ダーツバー(風営法第2条第1項第5号)(※1)(※2)

・興信所

・易断所、観相業、相場案内業(けい線業)

・競輪・競馬等の競走場、競技団

・場外馬券売場、場外車券売場、競輪・競馬等予想業

・その他の遊戯場

・芸妓業(置屋及び検番を除く。)、芸妓周旋業

 

(※1)公序良俗に反するなど社会的に批判を受けるおそれがあるものは対象外です。

(※2)保証利用の際には、風営法に係る許可(写)の提出をお願いします。

整理されたこのPDFが見やすいです。

以上最後までお読みいただきありがとうございました。

 

-健康関連