健康関連

新型コロナウイルス関連倒産が増加中

新型コロナウイルス関連倒産が増加中

・「新型コロナウイルス関連倒産」は、全国に115件判明(5月1日17時現在)

・法的整理76件、事業停止は39件

帝国データバンクより

地区別の内訳では関東が36件と多い様子。(近畿18件、中部17件、九州10件、北海道13件、北陸9件、中国9件、東北6件、四国2件)

企業意識調査でも新型コロナウイルス感染症による自社の業績への影響、マイナスの影響があると見込む企業は88.8%となっている。前回調査(80.3%)と比較すると8.5ポイント増加した。内訳をみると、「既にマイナスの影響がある」が56.9%、「今後マイナスの影響がある」が31.8%の回答となっている。

いかに深刻な状況かよくわかります。100年に一度とまで言われたリーマンショックの時ですら金融機関以外の企業は別段活動制限などはありませんでしたし東日本大震災の時も震災地区以外の場所での企業活動は通常通り行われていました。しかし今回はほとんどの企業活動が影響を受けていて、世界的にも多くの企業が活動が出来ない様な状態に追い込まれています。車や住宅購入のニーズも急減していて景況感の悪化は避けられなそうな状況となっています。

予想外に今後、景況感が盛り上がり、V字回復できれば本当に素晴らしい事だと思いますが、今の所はそのような楽観的なシナリオでの見通しは困難な状況となっています。

リーマンショック以降、業績が厳しくなった企業の再生支援やアドバイスを行う際、今後それ位の大きな景気を左右するクラスものが来るという仮定は一旦置いておいて、(再生を)考えるというのが通常の考え方でした。

通常状態でも苦慮しながら営業をしていた企業にとってはまさに青天の霹靂といえるものだと思います。

業態によっては元にもどらないところも

もしかすると新型コロナウィルス収束後も、発生以前の様な状態には戻らない様な業態のところもあるかもしれません。

生きているウチにこれほどの影響のものが来るとは本当に想像できませんでした。

困難な状況に陥っている方も多いと思いますがまずは生き抜く事を考えましょう。

イタリアでは経済再生に向けた動きが出てきました。

そして何かしらその辺に落ちている小さな楽しみを拾って見つけていければ、人生なんとかなるものだと思います。

最後迄お読みいただきありがとうございました。

 

-健康関連