生活その他

新電力事業者再編と電気料金値上

卸電力市場価格の急激な高騰

2020年12月下旬からの電力市場の価格高騰で、新電力の事業者が甚大な経営ダメージを受けています。

楽天でんきは新規の申込みを一時停止するほどの緊急事態になっています。

https://energy.rakuten.co.jp/info/20210126.html

価格高騰の原因は?

要因の1つには電力不足があるといわれています。

でも正直なところ専門家にも良くわからないようです。

一時電力が逼迫していたのは事実のようなのですが、その後電力の供給に余裕が戻っても、なぜか市場価格が高止まり続けている状況の様です。

オール電化な我が家は東京電力

携帯電話は長いことソフトバンクでしたが(というかその前のボーダフォンの前の東京デジタルホン時代から)最近は楽天に行ったり、UQモバイルに行ったりフワフワしている私ですが、とりあえず電力会社の変更は東京電力から今の所していませんでした。

一時新電力が魅力的に感じていたときもあるのですが、東京電力のオール電化に変わる魅力的なプランが無く乗り換え損ねて今も東京電力と契約しているというのが本音です。

良い乗り換え先があれば変更しても良いなと思っていたのですが、年が変わって新電力事業者を取り巻く状況が一気に変化してきている感じですね。

どうなる新電力事業者

新電力事業に必要な「小売電気事業者」のライセンスを取得している企業700近い数の会社があるといわれていますがほとんどの新電力事業者が市場高騰の影響を受けていると言われています。

今後再編等が加速すると言われる新電力です。新電力だけでなく東京電力も今後値上げしそうで嫌だなと心配に思っていましたがやっぱり値上がりするみたいですね。

3月の電気料金、7社が値上げへ LNGの価格上昇、ガス4社も

大手電力10社のうち、中部電力など7社が3月の家庭向け電気料金を値上げする見通し。火力発電の燃料に使う液化天然ガス(LNG)の価格が上がったため。大手都市ガス4社も、原料のLNGの価格上昇を受け全社値上げする。

2月と比べ標準的な家庭の電気料金の値上げ幅が最も大きいのは中部電力の96円。東京電力は83円、関西電力は52円、東北電力は46円、中国電力は26円と続く。九州電力は25円、四国電力は5円となる。北海道電力、沖縄電力、北陸電力は値下げの見通し。各社で燃料の使用割合が異なるため、LNGへの依存度が高い会社は料金が上がる。

東京電力83円ですか!困ったもんですね。電気料金は上がっても給料は上がらないから節約しようと思います。

-生活その他