デジタル関連

格安ロボット掃除機導入

格安ロボット掃除機導入

昨年格安なロボット掃除機を購入して我が家の過酷な環境の掃除戦線に実戦投入しました。

ロボット掃除機は高いものから安い物までピンきりですが、色々調べた結果、評判が良く失敗しても耐え忍ぶ事が可能な1万円代の価格の商品であるILIFE アイライフ V3s Proという商品を選んでみました。見た目は白を基調としたすっきりとしたデザインで動き自体もシンプルなロボット掃除機です。

高価な製品でなければゴミが取り切れないかというと全くそんなことはありません。ILIFEのロボット掃除機「V3s Pro」はリーズナブルな価格でありながら、これが実によくできています。

実際に使ってみると、ゴミを取り除く能力は想像以上です。私の家の環境では壁際も、家具の足まわりも、それからカーペットの上のホコリもほとんど取り残すことなくキレイにしてくれます。吸引力も高く本体両サイドに装備するサイドブラシによって、丸型のロボット掃除機が苦手とする部屋の隅、壁際からもきっちりゴミをかき集めてくれて結果としては十分満足に毎日ホコリを取り込んでくれるのでかなり綺麗になります。

朝方(4時頃)に自動で起動して掃除してくれるようにセットしていますが、毎朝、ロボット掃除機の中のダストボックスを確認するとびっくりするくらいのホコリゴミを吸い取ってくれています。(わ~凄い取れてる!と毎日子供と一緒に確認するのがうちのルーティン)

動いている時の音量は違う階だと問題ない(2階で寝ている時に1階で動いている場合は気にならないレベル)けど同じ部屋にいて動きだすとちょっとうるさいかなと感じるレベルの音量です。

仮想の壁を作って進入禁止エリアを設定したりとか部屋の形を覚えて云々等は出来ないので、軽いものは強引になぎ倒したりとか、大したこと無いと思える様な場所に引っかかったりして充電場所のホームに戻れなくなって殉職していたりする事もままありますが、(この場合はあっ!ロボが居ないよ!と子供がはしゃぐw)ソファの下とかテレビ台の下とか毎日黙々と文句も言わず掃除してくれるので大助かりです。

もちろん完璧ではない

片付け忘れたものを巻き込んで動かなくなったり、開いていたドアから外出して玄関からずり落ちたりもたまにしますけど、若干そんなユーモラスな感じが駄目な自分を見ている様で愛おしく感じるところもあり、最近妙な親近感が湧いています。

このロボ掃除機はたまに持ち出されて2階の寝室のベッド下戦線というホームグラウンドから遠い戦場にも投入される事がありますが、その時も黙々と頑張って掃除作業をしてくれています。

いろんなものを巻き込んだりして掃除ブラシが曲がったりする事もありますが、しばらくすれば伸びて元通りに簡単になるので今のところなかなか耐久性があると感じています。(ブラシはネジで簡単に外せるのでお湯につけるとピシッと伸びて復活する上、一応予備も付いて来ます)各パーツが簡単に外れるのでトラブルにあっても直しやすいところが気に入ってます。

回収したゴミを捨てるのも簡単

掃除機が回収したゴミは中央のダストボックスに集まりますが、このダストボックスも良く出来ており、紙パック不要で簡単に外せ、中のゴミを捨てるのもとっても簡単です。

値段の割に最近の購入家電の中ではかなり活躍している様な気もします。

最近はロボット掃除機が掃除しやすいようにしようとか床にはあまり物を置かないようにしようと、人間の方がロボに合わせていたりちょっと本末転倒な部分もありますが、結果として部屋が綺麗になるので良しとしていますw

ILIFE アイライフ V3s Pro ロボット掃除機 ホワイト 強力吸引 静音 自動充電
Anker Eufy RoboVac 11S (ロボット掃除機)【BoostIQ搭載/超薄型/1300Paの強力吸引/静音設計/自動充電/落下防止/衝突防止】(ホワイト)

-デジタル関連