生活その他

ATMも便利なジャパンネット銀行がPayPay銀行に!

「PayPay」ブランドで統一していく

ジャパンネット銀行は、2020年7月31日に開催した取締役会において、「ジャパンネット銀行」から「PayPay銀行」への商号変更を決定した。変更時期は未定だが、2021年度上期を予定する。

PayPayの名称を関連企業に

ジャパンネット銀行がPayPay銀行、One Tap BUYがPayPay証券、Yahoo!保険がPayPay保険(社名はPayPay保険サービス)にそれぞれ変更。

ワイジェイカードは企業名をPayPayカードに変更した上で、PayPayカードと現行のYahoo! JAPANカードを展開していくとの事。

なお、金融事業会社6社における社名変更については、各社取締役会において、各社の株主総会で「定款一部変更の件」が承認されること、所管官公庁の許認可などが得られることを条件としている。

ジャパンネット銀行は今までもPayPayとの提携を進めてきており、加盟店売上入金口座とすれば、翌日入金で手数料もずっと無料という大判振る舞いで他のキャッシュレス決済サービスに対して事業者側の利便性は頭一つ抜けている印象でした。

法人・個人事業者向けビジネスローンに変化はあるか?

既にネット完結するような法人・個人事業主向けのサービスを保有しているジャパンネット銀行ですので、これから更にPayPayと連携を強化したPayPay銀行となる事で既存の銀行を凌駕する様なビジネスローンを生み出してくるのかもしれません。

私自信もジャパンネット銀行の口座を保有していますが、口座作成の際は、民間金融機関の大半が行うお硬い厳格な確認作業に対してそのあまりの簡便な手続きに拍子抜けしました。

ネットで手続きが行えるという圧倒的な利便性の裏にはもしかしたら、不正な口座を作成させない独自のノウハウ保有があるのかもしれません。

そして提携ATM利用手数料も3万円以上の入金・出金ならいつでも何回でも0円という面白いサービスを展開しています。どこにでもあるセブンイレブンに設置されているセブン銀行のATMが提携先になっているのでこれは結構良いサービスだと思います。

ジャパンネット銀行で口座を作成するとキャッシュカードと一緒に送られてくるカード型のハードウェアトークン(大半の金融機関はいまだにアプリ型等のソフトウェアトークン)も使いやすく&トラブルもなくひとつ先を行っている印象です。

でも名前がなぁ。ジャパンネット銀行の方がかっこよかったかなぁと思うのに、、、、ジャパネットタカタと間違えられて嫌だったんですかね。

-生活その他