スマホ・タブレット デジタル関連

格安シムのYAMADA SIM PLUS+とiPhone7とか8とか

YAMADA SIM PLUS+継続利用中

今現在使っているシムは今はなきYAMADA SIM PLUS+です。2017年1月に契約。既に3年以上使っています。(※記事記載時。サービス終了の為、現在は新規契約不可)

アイフォン7Plusで使用しています。お昼はやっぱり遅いけどその他はまぁまぁです。

ヤマダ電機のポイントが毎月溜まる上、データ使い放題プランの音声通話付で月額2,980円とまさに格安なSIMです。

一般的な格安シムと同様に混雑時(特に昼時等)は、やや通信速度が遅くなりますが、とりあえずぎりぎり我慢可能な範囲です。

YAMADA SIM PLUS+の通信速度について

概ねだいたい2Mbpsちょいから3Mbps位のスピード感です。遅い時は1Mbpsちょいになる時もありますが。データ使い放題プランなので特に使いすぎを気にせず利用する事ができます。出かけた際は子供に気軽にテザリングで共有したりして分け合って使えるの便利です。

夜とかやたら早い時もありますが、、、、、、

FREETELから楽天モバイルに

FREETELブランドでスマートフォンの製造・販売を手掛けていた同社が2017年11月には格安SIM通信事業を楽天に譲渡した際、定額プラン終了や値上げもしくは通信速度制限の開始など様々なサービスが悪化する事を予想していたのですが、その後も別段なんの変化も無く現在迄利用する事が出来ています。割とこのSIMにしていて良かったと今でも思える良い(格安)SIMです。

購入に動いた時期は既にこの使い放題プランの新規契約の終了予定がアナウンスされている頃でしたのでヤマダ電機の店舗にこのシムが販売されておらず、数店舗巡ってようやく発見して夫婦分の2つのSIMを購入した記憶があります。

世間ではLTE-Advancedの次世代第5世代移動通信システム「5G」とかも騒がれていますが、大半の人は手頃なスピードのモバイル環境があれば事足りるのではないかと思います。2Mbps~3Mbps出ていれば私の利用状況では動画視聴も出来るし特段の問題が発生せずほぼ困っていない状況です。自宅に戻れば光回線のWi-Fiもあるし。

さすがに2Mbps~3Mbpsでは、アプリのダウンロードとかには向かないですけど。

私の利用環境が5Gとかになるのは一体いつ頃になるんだろうという感じですね。

現在iPhone7 plusで使用していますが、他に3,000円位の定額で3Mbps位のデータ使い放題の音声付シムがあれば乗り換えられるのですが、今現在でもそういうプランはありそうで無いのが現実。一般の人のニーズはそのあたりにあると思うのですけどね。

そんな中、楽天モバイルの新プランが出てきましたのでちょっと気になっています。ただ端末の問題と田舎なのでエリアがサービス範囲から外れそうなので、やっぱり様子見でしょうか。

景況感の先行きが不透明な中、毎月の出費に直結する携帯電話料金は極力低く抑えたままでやり過ごしていきたいと考えています。

追記

やはりお昼の速度に耐えきれなくてMNPして【UQモバイル】
に変更しました。とても快適です。スマホプランRという高速と低速が切り替えられるプランにしたのですが、もっと早く変えておけばよかったと思います。低速の1MbbsでもYAMADAシム完敗な体感速度です。

格安シムは本当におすすめなのですが、混雑時に遅いのがおすすめしきれない部分でした。ですが、【UQモバイル】のスマホプランRの出現により勢力図は塗り替えられました。価格も安く通信速度も早くエリアも広いと良いことづくめです。ただ通話料金は(YAMADAシムも同じですが)ちょっと高めなので工夫が必要だと思います。

-スマホ・タブレット, デジタル関連