当サイト記事では商品・サービス紹介にアフィリエイトプログラムを利用しています

GB250の電装系トラブル

苦手分野の電装系

昔から車やバイクをイジるのは好きなのですが電装系については割と苦手意識があります。

なので電装系のトラブルについては今までの人生ではサクッとあきらめてプロに依頼することが多かった気がします。

GB250の電装系にトラブル

そんな苦手分野を試される事件が起きました。

電装系にトラブル発生です。

乗っている状態でまず気がついたのはウィンカーの点滅の間隔が均等で無くなったかもしれないな?という点でした。

そのうち常時点灯となっているハズの右ウィンカーのポジションランプが点灯しないことが判明(ウィンカーのカチカチは点灯する)おまけにヘッドライトのLEDも点灯しない状況となっていました。

ホンダGB250は既にかなり古いバイクの部類です。

古いバイクのややこしいトラブルをバイク屋さんに持ってこられてもお店の人も困りそうなので、苦手意識を払拭しながら自力で乗り越える覚悟を決めました。

ヒューズ確認とかリーク確認とか絶縁処理とか

ヒューズボックスを確認すると10Aヒューズが切れていました。少し前にもヒューズが切れているのでそもそもどこかリークしているのかもしれません。

あぁこれなら簡単そうだなと高を括って交換すると次もまたすぐに切れてしまいました。

以前よりヘッドライトを開けた時に配線処理があまりにも雑だったこともあり、そのあたりのリークが怪しいなと睨んでいました。

地道に端子を確認

なのでオスとメスの端子を外したりカプラを外したりしてチェックをしながら接点を確認しつつ、熱収縮チューブなどを使って絶縁処理をしっかりと行なっていきました。

思いつくところは全て処理した後、もう一度ヒューズを交換しましたがやはり点灯しない状況。

かなり焦りましたが、一旦落ち着いて問題となっているウインカーランプを新しいものにしたらしっかりと点灯してくれました。

これはもしや、、、とヘッドライトのLEDも新しいものにしたらしっかり点灯してくれました。

修理完了

その後の1時間程度試運転しましたが、とりあえず問題無く作動したので一応修理完了ということにしたいと思います。

私のバイクは電装系が全て死んだ状態でも押しがけでエンジンを掛けてバイクを動かす事は一応可能です(一応実証済、、、、、)

夜中で無ければ電装系のトラブルが起きてもなんとかなるのかもしれませんがなるべくなら起きないで欲しいと願うばかりの今日このごろです。

テキストのコピーはできません。