健康関連

「Go To トラベル」は文法としてどうなんだ

英語得意でないのでわかりませんが

「go to travel」とネイティブの方にどうなのか聞いてみたい気がします。

文法は合ってるの?

Google翻訳ではちゃんと「旅行に行きます」と翻訳されています。専門家からするとどうなんでしょう?

私の住む神奈川県でも神奈川アラートが発動したものの「Go to travel」キャンペーンはそのまま続行するみたいです。

この辺は結構賛否両論あって難しいところですね。小池都知事が「冷房と暖房を同時につけるようなもの」と皮肉を込めた表現をしています。

「Go To Travel キャンペーン」をおさらいしてみましょう!

旅行会社や旅行予約サイト等を通じてキャンペーン期間内に旅行予約をした場合に、その代金の2分の1に相当する金額が支援されます。支援額の上限は、1泊1人あたり最大2万円分、日帰りは最大1万円分が予定されています。支援額の7割は旅行代金の割引、残りの3割は旅行先での飲食や観光施設、地域産のお土産を購入する場合に使える「地域共通クーポン」として付与されます。
新型コロナウイルス感染者が減少してくればこういったキャンペーンをやらなくても自然と旅行者は増えると思うのですが、現状での観光業が受けた壊滅的な状況を考えるとそれまで待てないというのも個人的にはよく理解できます。
各自で感染対策をしっかりしつつ楽しむのが良いと思います。
でもやっぱり宿泊施設に泊まったり、お風呂に入ったり食事したりとする事を想像するといろんなリスクを考える必要も出てくると思います。
日帰りでも使えるキャンペーンなので、私は日帰りでチャンスがあれば使おうかなと考えています。
いろんな施策をやってもやらなくても叩かれている政府ですが、国の文句を堂々と言えるのはもしかしたら良いことなのかもしれません。
ただ文句ばっかり言ってても疲れるだけなので、与えられた条件の中で少しずつでも楽しむ方法を見つけていけたらいいなと最近は考える様にしています。
皆さんもくれぐれも感染にはお気をつけ下さい。

-健康関連