ブログ

Google AdSense停止(泣)

ようやく合格したGoogleAdSense

 

全力で収益!と力強く思っていたわけでは無いのですが、やっぱり嬉しかったですね。ハードルを一つ越えた様なそんな気もしていました。

しかし早くもAdSenseが停止(泣)

 

そんなテンションが上がるGoogleAdSenseですが、先日ふと気がつくと広告が停止していました。

これは何か起きたなとAdSenseの管理画面を開くと「表示できる広告の数が制限されている」と表示されています。またなかなかにわかりにくい表現です。

無効なトラフィックってなんだろう!

こんな時のGoogle対策を(もちろんGoogleでw)検索してみました。

ads.txtファイルの問題を訂正してください。という通知が再三来ていたのですが、よく分からないので放っていおいたのが数少ない思い当たる部分です。

Googleさんに逆らってはいけないのでとりあえずads.txtファイルの問題を解決する為、調べてみる事にしました。

要注意 – ads.txtファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を訂正してください。

ads.txtファイルをアップロードしておくという事は、オンライン広告の仕組みを利用して「なりすまし」や「不正行為」で広告主から広告費をだまし取るサイトではないことを証明するために必要な作業のようです。放置しちゃってゴメンナサイ。

最初の手順としてまずはこの問題が表示されているところからads.txtをダウンロードしておきます。

私はmixhostのサーバーを利用しているのでこのads.txtをmixhostのサーバーからアップロードして対応する必要がある様です。

【mixhost版】Google Adsenseの.txtファイルアップロード方法

手順①mixhostのサーバーにアクセス

手順②cPanelにアクセスして「ファイルマネージャー」を開く

public_htmlのファイルを展開

サーバーで展開しているサイト情報が出てくるので「認証作業が必要なドメインファイルを選択」します。私はenjoy-everyday.jpを選択。

手順③ファイルアップローダーから.txtファイルをアップロードする

「アップロード」をクリックして、ads.txtファイルをアップロードすると終了です。

 

とりあえず12日位で解除になる人が多いみたいですので、ツィッターでの更新周知はそのまま継続しつつ規制が解除されるか試してみたいと思います。

いや~戻らなかったらどうしよう?解除になっても解除通知はしてくれ無いとの事です。

あとはおまじないとして「AdSense Invalid Click Protector」というプラグインを念の為に導入しておきました。

と昨日、広告が配信されているのを見つけました。とりあえずAdSense復活した様です。きっかり12日で復活しました。この辺は情報通りです。ともかくバンザイ。ツィッターは変わらず細々と続けていたので多分それほど関係ない(ハズ)と思います。

ということで同じ状況で困っている方が入られましたらぜひ参考にしてみてください。

 

-ブログ