当サイト記事では商品・サービス紹介にアフィリエイトプログラムを利用しています

サーモスのマグボトルの「せんユニット」を交換してみた

節約生活を支えるマグボトル(水筒)

前まではバカスカと自動販売機で缶コーヒーを1日数本買ったりしている毎日でした。

節約生活をしようと思い立ちサーモスのマグボトル(水筒)を購入しましたが、コレがハマってしまい今日に至るまでずっと毎日水筒生活をエンジョイしています。

お金も減らず健康にも良いのがメリットです。

デメリットは水筒を持ち運びしなければならないので、通勤カバンやリュックが少し重くなるというくらいでしょうか?

私的にはメリットの方が魅力に思えましたが、続けてみて今でもそう思っています。

サーモス水筒最高!口当たりの良さと半回転スクリューキャップの素晴らしさ

続きを見る

飲む部分もネイビーなのがお気に入りの製品です(よくあるマグボトルは白が多い)

 

自分で調整できるので糖分をとりすぎないという観点からも有効な気がします。

当初はコーヒーでこの生活を開始しましたが、今ではすっかりと紅茶派に移行しました。

ドリップコーヒーはマグボトルに入れる事は無くなりましたがやはりそちらも好きなのでたまにカップでいただくのは変わりませんけれど。

でこのサーモスのマグボトルが本当に断熱効果が素晴らしくいつまでも熱く温度が保たれます。

熱々のお湯を注いでしまうとしばらく飲めない位熱いので私は前日に沸かしたポットのお湯と朝沸かしたお湯をブレンドして水筒に詰めています。

※ちょっと前までは熱いお湯を沸かした後、氷を2つ位入れるという技を使ってすぐ口を付けて飲める温度まで下げていました。

長期使用によりマグボトルの外観が傷んできた

それもまた味だなって思えればイイのですが、私の不注意で落下させたりしたことも何回かあって(フタ部分とマグボトルの下側はボロボロ)本体側の下部の金属は凹んだりしてもあまり気にならないのですが、フタ部というかせんの部分がボロボロなのは若干気になってきていました。

パッキン自体も基本は1年に一度くらい交換する事が推奨されているようです。

そういえば1年以上交換していませんでした(汗)

 

交換部品を検索したところフタとパッキンがセットになっているお得な交換部品があったので購入しました。

※因みにサーモスの場合、底の部分にシールがはられていて自分の製品番号を知る事ができます。

製品の品番・色名は商品の底面シールに記載されています。

私はこれで型番を探して交換部品を検索しました。

そんなわけでワンコインと少しでフタとパッキンを含むせんユニットが交換できました。

ユニット交換により保温能力も復活した様な、、、、、、(気のせいかもw)

でもこれでまた、気持ち良くマグボトル生活が継続できます。

 

テキストのコピーはできません。