健康関連

神奈川県版緊急事態宣言発出

神奈川県独自の緊急事態宣言

神奈川県は、新型コロナウイルスの感染が急速に拡大していることを受けて16日夜、対策本部会議を開き、県独自の緊急事態宣言を出して徹底した対策を呼びかけました。

神奈川県では、横浜市、川崎市、相模原市、それに厚木市が「まん延防止等重点措置」の対象となっていましたが、15日の新規感染者数は403人とおよそ半年前のことし1月以来、400人を超えたほか、16日はさらに446人に増えるなど感染が急速に拡大しています。

こうした状況を受けて県は16日夜、新型コロナウイルスの対策本部会議を開きました。
この中で、今月22日から来月22日まで、まん延防止等重点措置の対象地域を清川村を除くすべての市と町に拡大し、現在は条件付きで認めている酒類の提供について、再び全面的な停止を要請することを決めました。

さらに、県独自の緊急事態宣言を出して県民に対し、徹底した対策を呼びかけました。
県は、この後も感染状況が改善しない場合は、国に対して緊急事態宣言を出すよう要請することを検討するとしています。

黒岩知事は「先週、新たな対応策を決めたばかりですぐに変更するのは申し訳ないが、ここ数日の感染者の激増ぶりを見るともう猶予がない異常事態だ。危機的な状況になっていることを理解して協力してほしい」と話していました。

神奈川県の新型コロナウイルスの新規感染者数は、15日までの1週間の合計が2400人余りで、前の週に比べて1.5倍近くに増えました。

これは人口10万人当たり26人となり、感染状況が最も深刻な「ステージ4」の目安である25人を超えています。

さらに、人口10万人当たりの療養者数も29人で、近く「ステージ4」の目安である30人を超える見通しです。

県医療危機対策統括官の阿南英明医師は、県の対策本部会議の中で「いわゆる第5波に明確に突入したと言える状況だ。

これから4連休や夏休みで普段会わない人が会う機会が増えると感染が広がりやすく、かなり強いブレーキをかけない限り簡単に第3波を超える勢いで感染が拡大するおそれがある」と話していました。

https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20210716/1000067428.html

https://www.pref.kanagawa.jp/docs/j8g/covid19/210716_message.html

神奈川県全域(清川村を除く)がついにまん延防止等重点措置の対象になりました。

締めて緩めてを何回繰り返すんだって気がしてしまいますが、ワクチン接種が進んだイギリス等でもデルタ株が猛威を奮ってまたしても感染が再拡大していているのでやむを得ない処置なのかもしれませんね。

飲食店の方向けの休業補償の案内(第13段)が来ています。

https://www.pref.kanagawa.jp/docs/jf2/coronavirus/kyoryokukin_13th.html

しかし飲食店以外で救済が無い業種の方の事を思うと気持ちが沈みます。

一刻も早く収束してコロナ前の環境に戻ってほしいと思っています。

でも騒ぎ出してから1年以上経過してあまり状況が変わらないこの現状を考えるともはや年内の収束は難しいのではないかという風に個人的には思ったりもしてしまう今日この頃です。

 

-健康関連