当サイト記事では商品・サービス紹介にアフィリエイトプログラムを利用しています

moto g53y 5G購入

moto g53y 5Gを入手する

子供用スマホとして購入しました。我が家では初めてとなるMOTOROLAの製品です。

ワイモバイル専売モデルですがAmazonでも購入出来る為、私はそちらから購入しました。

サイズ 約W75×H163×D8.2mm(最薄部)
重さ 約183g
連続通話時間 [FDD-LTE] 約2,590分
連続待受時間 [FDD-LTE] 約610時間
[AXGP] 約612時間
バッテリー容量 5,000mAh
充電時間 約115分(USB Type-C PD-PPS対応 ACアダプタ)※ソフトバンクが指定するACアダプタで計測したもので、あくまでも目安となります。
プラットフォーム Android™ 13※ご購入のタイミングにより、バージョンアップが必要な場合があります。
CPU Snapdragon 480 + 5G(オクタコア)2.2GHz + 1.9GHz
ROM / RAM容量 128GB / 4GB
対応外部メモリ / 対応最大容量 microSDXC™/ 最大1TB
SIM nanoSIM / eSIM

なんだかちょっとエントリーモデルらしからぬ見た目の高級感にびっくりします。

重さもそこそこでSD対応、おサイフケータイ対応、指紋・顔認証、大容量5,000mAhバッテリーといろいろ対応していて結構凄い(性能は正直ちょっと低めではありますが)

知らない人(私です)からしたら、モトローラの端末はモデルの種類が多すぎるのと番号名のモデル名がわかりにくいのがネックに感じました。

メモリの量?SDメモリ対応?お財布ケータイ?防水?高性能?重い?とか知りたい情報がややわかりにくく感じました。でも最近のスマホは割りとみんなそうなのかもしれません。

兄弟モデルでメモリが多いG53jは割りと普通の値段で販売されていますが専売品となりメモリを減らされた本機はそのおかげもあって、かなりお値段が抑えられており、一万円チョイの価格で端末が購入出来るのでヘビーでないスマホユーザーにはオススメです。

パソコンはLenovo派なこともあり(MOTOROLAは一応はLenovoの子会社)それなりに勝手に若干の期待をしつつ購入してみました。

メモリが4GしかないエントリーグレードだしCPUはSnapdragon 480 5G+4GBメモリーという正直それほど期待が高まらない組み合わせなのですが、びっくりするくらい良く動きます。

スクロールのスムース感にはちょっと感動すら覚えるくらいです。

ワイモバイル専売のモデルの為か、広告が表示される「Glance」というワナも仕掛けてあったりするのですが(でも設定で無効に出来る)設定をアレコレして使ってみてびっくりしたのはYou Tubeやウェブ閲覧には全く不満がありませんでした。

解像度が低いと言われる(オジサンにはわからない)液晶が功を奏してバッテリー持ちも非常に優秀に感じました。

※Y!mobile版のG53yのみ「Glance」という情報配信プラットフォームが組み込まれていてロック画面にお勧めのニュースや広告を配信する仕組。

設定→ディスプレイーロック画面と進み、
一番下の「Glance」をオフにすると非表示となります。

今の私のメインスマホは、この端末同様、広告を表示する仕組みにより高い端末性能を安い価格で提供するXiaomiのmi11lite5g。ADBツールにより不要なアレコレや不審なアレコレをカットして利用していて軽量かつハイパワーで満足度が高い反面、次の乗り換え先がなかなか見つからずに困っていましたが次はMOTOROLAにしても良いかなと思えるくらいMOTO G53yは出来が良い端末だと思いました。

普段端末選びにあまりにもベンチマークを盲信してしまっていたことを反省。

ケースをつけたら更になかなか良い感じ!

すでに子供向けに設定を終えて手渡してあるのでもはやこの端末は私がアレコレイジれませんがセカンド機やライトユーザー向けには良さげな気がしました。

私も来年アップデートの期限が終了してしまうメイン端末(Mi11lite5G)の次をそろそろ考えないといけない気がする今日このごろです。

テキストのコピーはできません。