デジタル関連 ノートパソコン

バッファローの有線キーボードを購入

職場用に有線キーボードを購入

パソコンが変わるたびにタッチの感覚が変わってしまい慣れるまでかなりの時間を要する私です。

正直言うとあまり職場で使用するものにお金を掛けたくないのですが、少しのお金を掛ける事で長期に快適に作業が出来るならば結果としてそちらのほうが良いなと今更ながらに気づいたこともあり、この度、新しく有線キーボードを購入してみました。

マウスに関してはこれは圧倒的に無線派なのですが、無線キーボードには正直あまり良い思い出が無い(繋げるのが面倒&突然電池が切れる&反応がイマイチ他)こともあり、確実な有線タイプで打鍵感がそこそこで且つ割安なものをチョイスしようと思いました。

因みに今まで使っていたのはコスパに優れるダイソーキーボードです。なので流石にそれよりはどれを使っても打鍵感がグレードアップするのは間違いないところですw

悩んだ結果(本当はそんなに悩んでいないけど)購入する機種はパンタグラフタイプの有線キーボードに絞りました。

その結果口コミも良さそうだったBUFFALOの「BSKBU14」に決定しました。

実際に自宅でお試しで使ってみるとかなり使いやすいですねこれ。昔のThinkPadのキーボードみたいな感じです。

今使っているThinkPadの15インチノートパソコンから乗り換えて使ってみてもほとんど違和感がありません。

キーボードの幅はしっかり余裕があるので入力しやすいですね。

キーボード裏面

角度調節機能

裏側には角度を調整できる爪がついています。

滑り止め機能

滑り止めのゴムが裏面の4箇所についています。

打鍵感もしっかりあって右側には10キーもあって持ち運びも可能なコンパクト商品です。あまり期待していなかったのですが、実は結構優秀な商品でした。

打鍵音は乱暴に叩いたりするとそれなりに安っぽいのかもしれませんが、自分はほとんど気にならない感じです。

しっかりとしたパンタグラフタイプなのでオススメできる商品だと思いました。

このキーボードだけあれば異なる環境でいつもと違うパソコンを使うときや、異動した際なんかにもサクサクと快適な環境で文字入力が出来ると思います。

特に今のところデメリットらしいところはありません。

でもBUFFALOと書いてあるところが無駄にピアノブラック的に艶があって傷がつきそうなのでもっとマットな感じだったら更に自分好みで良かったかもしれませんね。

もっと早く購入しておくんだったなと思いつつ過ぎた時間は戻らないので前を向いて生きていこうと思いますw

-デジタル関連, ノートパソコン