スマホ・タブレット デジタル関連

ゲオでワイヤレスイヤホン「GRFD-SWE100QT13」を購入

ゲオで見つけたワイヤレスイヤホン

ワイヤレスイヤホン「GRFD-SWE100QT13」

割と最近販売開始になった商品みたいです。

買おう買おうと思いつつも、今までなかなか踏み切れなかったワイヤレスイヤホン。

かなりお手頃価格なので買ってしまいました。

子供とDVDレンタル(きかんしゃトーマスの映画)のついでに、お手頃価格なのにUSBtype-Cで充電出来るというところもグッドな商品です。

ほぼほぼ性能も調べず衝動買い。自身初のワイヤレスイヤホンです。

ゲオは、同社限定の完全ワイヤレスイヤホン「GRFD-SWE100QT13」を、公式ECサイト「ゲオオンラインストア」にて9月30日より発売、全国のゲオショップ1,045店舗でも10月1日から順次販売されている。

「GRFD-SWE100QT13」は同社限定のカナルタイプの完全ワイヤレスイヤホン

手頃な価格ながら、音の遅延を感じさせない低遅延モードを搭載。ゲームや動画視聴などにも最適なモデルとアピールする。カラーは、ブラック/ホワイト/レッド/ネイビーの4色展開となる。

タッチ式センサーを搭載しており、本体のセンサーに触れることで音声の再生や停止、着信応答などの操作が可能。また、内蔵マイクによるハンズフリー通話が可能なほか、DSPも搭載し、よりクリアな音声を届けるという。

最大で約5時間の連続通話や、約8時間の音楽再生が可能。イヤホン本体と充電ケースの充電は約2時間で行える。また、デバイスとのBluetooth接続においては、左右のイヤホンが各デバイスと通信できる左右独立接続を新たに採用。これにより、周辺環境の影響を受けにくく、通信が安定するとしている。

防水規格はIPX5に対応し、本体の質量は軽量な約4.4g(片方)。ジムでのワークアウトやランニング時の使用にもおすすめとしている。Bluetoothバージョンは5.1で、コーデックはSBC、ACC対応。充電ケースの外形寸法は53.6W×54H×28.4Dmm、質量は約40.4g。付属品としてイヤーキャップ(S/M/L)、Type-Cケーブルが同梱する。

私はあまり高級品を使用した事が無いので比較ができませんが、私を含む多くの人類はこのあたりの製品で満足できるのではないかと自分的には思います。

割と公称通り長くバッテリーが持つらしく各所の評価も高いみたいです。

ゲオのやつはQCYの新製品のT13だね
アリと価格一緒だし音も海外のTWS格付けサイトで好評だしいいと思う


T13ですが、音場の広さが印象的でまるでインイヤータイプ聞いてるみたい。
こんな開放感ある鳴り方するカナル型は珍しいんじゃないかと。

私も早速、電車通勤の際に数回使用してみました。本当に快適で音質も私にとっては全然満足できる感じです。右から出して右耳に左からだして左耳にというわかりやすさもGood(ワイヤレスイヤホン的にはあたりまえ?)

とりあえず低遅延モードにして毎日使用中です。耳の穴が小さいので一番小さいイヤーピースに取り替えて使っています。

コードのイヤホンを使う時みたいに「まずは絡まったコードをほぐして」みたいな事をしなくて良いので確かに便利ですね。

イヤホンごときでバッテリー充電が必要なのは嫌だなとずっと食わず嫌いしていましたが、ワイヤレスマウスと同じで使ってみたら当然ですがやっぱり便利なワイヤレスイヤホンでした。

とっても快適なこのワイヤレスイヤホンを使って電車通勤でスマホでユーチューブとか見て乗り過ごしてしまいそうです(笑)

-スマホ・タブレット, デジタル関連