生活その他

眼鏡市場に奥さんの眼鏡を作りに行ってみた

奥さんの眼鏡購入に付きそって眼鏡屋さんへ

奥さんから眼鏡を買い替えたいという要望が出ました。

裸眼なら見える近くのものがコンタクトをしていると見えない状況になっていて眼科では早めに老眼の眼鏡を作った方が良いという診断になったようです。

毎日一緒にいるから若い気がしていましたが流石にやっぱり一緒にしっかりと年を重ねているという事でしょうか?

今回は眼鏡市場さんで眼鏡を新たに購入する事にしました。

バランスを取る新製品

最初購入しようとしていたのは眼鏡市場さんのnosefreeという商品です。

耳に掛かる部分のつるというか先セルの部分というかまぁ後ろの部分に重りを入れて前後のバランスを取り鼻に掛かる重量を減らした商品みたいです。

凄いねこういう商品を考えつく人は、、、、等と素直に感心していました。

でも眼鏡を選んでいる瞬間から店員さんがそれとなくうちの妻の眼鏡を観察していたようで、こう切り出されました「普通の眼鏡の場合はバランスが取れていいけれど眼鏡のレンズが厚くて重い人の場合は耳の部分の重りも相まって単に重い眼鏡になってしまう恐れもあるんです、、、、」と

とっても素直な店員さんにちょっと感動して心が開きました(笑)

で次にじゃあこれが良いんじゃないのと目についたのがこちらの商品です。

無重力の掛け心地ZEROGRA

まるで無重力の掛け心地のZEROGRAという商品です。

これならいいだろうと思ったのですが、、、、、またボソッと店員さんが一言「それ軽いんですけど折り畳めないんですよね、、、、」

こちらの商品は超軽量なのですが折りたたむ事が出来ないようです。

確かに眼鏡が折り畳めないというのはちょっと微妙な気がしました。

ふち無し眼鏡FINELINE

どうしよう買う眼鏡が見つからないと次に購入しようかと目にしたのがFINELINEというふち無し眼鏡のシリーズです。※因みに私はこのシリーズの眼鏡を愛用しています。

 

これなら流石に大丈夫かなと思ったのですが、そこは鋭い店員さんが「これは度数が軽い人は良いのですが度数のキツイ人だとレンズの縁の厚さがモロに出るから厳しいと思います、、、、、、、」と正直すぎる一言を放ちました。

この人は本当に親切である意味正直な人だとそのあたりで思ったのでズバリオススメを聞いてみたところこういうシリーズが眼鏡の度数がキツイ人にオススメだとの事でした。

Sieben(ズィーベン)というシリーズ

映画レオンでジャン・レノが掛けていた眼鏡みたいな感じですかね。

目の中心に近い部分でレンズが完結している感じです。

こういう眼鏡は縁の厚みが出ないみたいです。

結果的には店員さんの言うことを素直に聞いてこのSieben(ズィーベン)というシリーズを購入する事にしました。

遠近両用を作る場合でも縦方向は充分なのでこのシリーズで問題無いとのことでした。

支払い寸前で気が付きました

PayPay払いが出来るというので少しでもポイント還元があると助かるなとPayPayで支払いをする事にしましたが支払いをする直前でもう一つ気が付きました。

たしか県民共済のわかばカードを提示すると安くなるんじゃなかったかな?

店員さんに聞いてみると割引になります。ということだったのでわかばカードを提示したところ千円以上安くなりました。

これから眼鏡市場さんで眼鏡を購入する方はペイペイ払いとわかばカード提示がお得だと思います。

出来上がりまでの日数

こちらは予想よりも長くて9日位先の日時を指定されました。意外と時間が掛かるんだなと思いました。

 

でも9日後に良い眼鏡が出来て来ることを期待して待ちたいと思います。

日頃より眼鏡市場さんはチェーン店の中では割と丁寧な印象でした。

今回実際やっぱり丁寧だと思いました。

もし又購入する機会があればなるべくこちらの店舗を選択したいと思う今日このごろです。

ちなみにその店員さんに曇らないメガネ止めとしてこちらをかなりプッシュしていました。

 

-生活その他