生活その他

フィリップスシェーバーの使い方と刃の寿命

ずっとフィリップスを愛用中

電動シェーバーは長いこと回転刃方式のフィリップスを愛用しています。よく巷ではあまり剃れないとか言われていますが長く愛用している者からするとそんな事も無いですよとなんだか擁護してあげたくなります。

私のヒゲは割と濃い方なのですが、そのくせ結構敏感肌なのでカミソリだと高い頻度でカミソリ負けするので、カミソリ派だった若い頃はワイシャツがよく血まみれになっていた気がします。

そんなわけでその後はある意味やむなく電動シェーバー派に移行するのですが、電動シェーバーの製品をいくつか使ってみたところ購入当初は良く剃れていたシェーバーも、時間の経過と共にだんだん剃れなくなってしまうのが気になっていました。

意外と替刃もびっくりする位高いところもネックに感じていました。

でその後フィリップスの電動シェーバーに出会います。最初に買ったフィリップス(品番は忘れてしまいました)が値段に関わらず非常に使用感が良かったので、その次もフィリップスのシェーバーを購入(HQ7380という品番を購入・こちらもかなり長く愛用)現在迄ずっとフィリップスの5000シリーズを愛用しています。

フィリップスシェーバー使い方

確かに他社と比べると剃れないと言われているのも若干やむを得ないかなと思うのですが、プレシェーブローションを使って肌に円を描くように回しながら剃れば問題なくシェービングが出来ると感じています。深剃りかどうかと言われればそこまで深剃りではないかもしれませんが圧倒的に肌には優しいです。

5000シリーズ良いとこ悪いとこ

で現在愛用しているのフィリップスの5000シリーズですが、以前のものと比べて肌へのフィット感は抜群に向上しています。刃も長持ちしてくれて水で洗い流すだけとメンテナンスも簡単でカミソリと比較して圧倒的に肌に優しくコスパも良いです。

各種の利便性と引き換えに昔の機種で後ろ側についていたトリマーが無くなってしまったのは残念に感じます。

トリマーとかはアタッチメントで差し替えて使う形式になったので、使いにくくて残念です。鼻毛カッターのアタッチメントとかにも差し替えられるので便利といえば便利になったとも言えますけど。

あとHQ7380ではバッテリーの充電が無くなると電源コードを挿して充電しながら使用が出来たのですが、この辺も今のシリーズでは充電している場合は使用が出来なくなってしまったので完全にバッテリーが無くなる前に充電を行う必要がありちょっと残念な部分です。

でも概ねフィリップスのシェーバーには個人的に大変満足をしています。一番ステキだなと思うのは回転刃が回るたびに刃を自己研磨してくれるので刃の切れ味がなかなか落ちない事。初期の性能が結果的に長く維持出来るので耐久性が非常に高いです。※メーカーのアナウンスでは交換目安は2年となっています。

剃り味は他のメーカーと比較すると私の印象では初期の剃り味がかなり長く持つ気がしています。

以前使っていたHQ7380等は2年を楽に超えて使っていました。(刃を支えているホルダー部分が弱くなって買い替えた)剃り味自体は最後の方もまだまだ行けそうな状態でした。バッテリーもまだまだイケそうでした。

フィリップスシェーバーの裏技?

現在私が愛用しているお手頃な価格で入手できる5000シリーズ、シェーバーヘッド部を差し替えて使う事も出来ます。(裏技?)私が愛用している5000シリーズよりも切れ味がするどい刃を持つ(と一応言われている)7000シリーズのシェーバーヘッドを装着する事もできます。

アリエクスプレスで互換品と思われる替刃を購入したりもしたのですが、結論からいうと高くてもちゃんと純正品を購入したほうが良いという感じの製品でした。やっぱり2年以上使用した純正品と比べてもかなり劣る気がしました。

シェーバーもそうですが、釣りのリールとかも(ごくたまに新しいものも買いますが)古いものが愛着が湧いて捨てられずにずっと持っている私。

(あまり新しいものを買わないで)あえて今持っているものでやりくりしながらやり過ごして生きていくスタイルも自分らしくていいなと最近は自分で自分を褒めるようにしています。でも安いものは結構買います。まさに安物買いのなんちゃらかもしれない。

私みたいに肌が弱くてカミソリ負けしやすいとか毎週カミソリを交換するのが面倒だしコスパが悪いので電動シェーバーへの切り替えを検討している方がいられましたらこのフィリップスのシェーバーはオススメできる製品だと思います。

-生活その他