ハスラー(MR52S)

ハスラーJスタイルの格安カーサイドタープ計画 その3

実際にキャンプでタープを試してみました

安い価格でハスラーJスタイルにのルーフからタープを張りたいという計画です。

ハスラーJスタイルの格安カーサイドタープ計画

続きを見る

ハスラーJスタイルの格安カーサイドタープ計画その2

続きを見る

せっかくJスタイルにはルーフレールが搭載されいているのでこれを使えば結構簡単にキャンプやバーベキューの際に便利なタープが張れるのではないかと考えたのがはじまりです。

安いタープとそれを止めるロープと短めのポールがあれば簡単なのではないかと思ってスタートしましたが、結果的に当初の予想通りの結果に導く事ができました。

ただしっかり張る為に若干の工夫も必要でした。

タープを両サイドに引っ張ってピンと張るのが難しい

 

テストしてみたところタープとルーフレールの接続にはダイソーのゴム紐を使ったのですが、両サイドを止めるゴム紐が中央に向けて滑ってしまいきちんとキレイに張ることができませんでした。

ロープで更に両側に引っ張る形も考えましたが、そうすると使用するロープの本数が増えてしまうので別の方法を取る事にしました。

結局ルーフレールに板ゴムを巻きつけたものをタイラップで止めて滑らないようにすればしっかりと両サイドに張れるのではないかと考えてルーフレールに施工してみる事にしました。

見た目の変化も最小限でいつでも元の状態にも戻すことが可能です。

この作戦でぶっつけ本番のキャンプに挑みました。

タープの止め具はダイソーゴム紐をカットしたものを使用する予定です。

ハスラーJスタイル自作格安カーサイドタープ完成

紆余曲折しましたが、結果として数分で設置が可能な格安カーサイドタープが誕生しました。

割としっかり張れている気がします。

まぁまぁの張り具合ではないでしょうか。

簡単なバーベーキューぐらいならこのタープが役に立ってくれると思います。

ただ本格的な雨だと家族3人はちょっと厳しいかなというのも実際使ってみた結果の本音だったりもします。

カーサイドタープのセットの収納方法

簡単設置が可能な簡易カーサイドタープのセットですがコンパクトになるので収納も簡単です。かさばらないので車に常備しておこうと思います。

左からタープ、中央上がロープと留め具中央したがペグと留め具の予備とハンマー、右側が繋ぐと150cmのポールになるフィールドアさんのポールです。

※ペグとハンマーと予備の留め具の入れ物は100円ショップで調達しました。

各収納するととてもコンパクトになります。

これをハスラーの荷室とフロアの隙間にある秘密の隙間収納部分に常備していつも置いておくことにします。

※単に荷室のスライドするフタをめくると出てくる隙間です。

この部分に置いて置くのであれば後席のスライドにも邪魔にならずかつ、収納を妨げずいつでもカーサイドタープを張る事ができて便利です。

実際そんなに使うシーンがあるかといわれれば無いかもしれませんけど。

うん、漢のロマンですから(笑)

-ハスラー(MR52S),