アクセラ(BM5FS) 趣味いろいろ

マツダのキーの電池交換に必要なもの

マツダ「アクセラ」のキーの反応が悪い

マツダ アクセラのキーレスエントリーの反応がイマイチになってきました。

車の近くて操作すれば応答するのですが少し離れたところではキーレスのボタンを押しても反応したりしなかったり不安定になってきました。

こういうときは基本、電池交換しかないので分解して電池交換することにしました。 

とりあえずマツダのBMアクセラでは電池交換はCR2025というタイプのボタン電池になります。

電池交換に必要なもの

・CR2025

・マイナスドライバー

この2つがあれば交換可能です

MAZDAアクセラ電子取扱説明

※電子取扱説明より転載

次のようなときは電池残量が少なくなっていることが考えられます。

  • エンジンをきったときにメーター内のKEY表示灯 (緑) が点滅する

  • キーの作動表示灯が点灯しない

  • どのスイッチを押しても作動しない

  • 作動範囲が狭く不安定になる

電池交換のとき、キーが破損するおそれがあるため、マツダ販売店での交換をおすすめします。お客様自身で電池の交換をする場合は、次の手順で交換してください。

電池の規格: リチウム電池CR2025

  1. ノブを押したまま、補助キーを引き出します。

  1. 保護テープを巻いたマイナスドライバーなどを矢印の方向にまわし、カバーを少し開けます。

  1. 保護テープを巻いたマイナスドライバーなどをすき間に差し込み、矢印の方向にスライドさせます。

  1. マイナスドライバーなどを矢印の方向にまわしてカバーを取りはずします。

  1. キャップをはずして、電池を取り出します。

  1. 新しい電池の側を上にして差し込み、キャップをかぶせます。

  1. カバーを取り付けます。

  2. 補助キーを差し込みます。

ちょうど2つ入りのリチウム電池CR2025がキャンドゥに置いてあったのでそれを購入することにしました。

自分の分と妻の分の2つを恒常的に使っていますが、もしかしたらもう片方のキーもそろそろ電池切れが近いのかもしれないので、その場合は今回使わなかったもう一つの電池で交換しようと思います。(それまで電池を無くさなければですが、、、、、)

さて、交換用の電池も入手したので早速キーレスリモコンを分解していきます。

電子説明書の通りに実践してみたらわりと簡単に交換することができました。

最初はイザというときに抜き出して使う鍵部分を抜いてからスタートします。

図の通りマイナスドライバーを差し込む溝があるのでそこに差し込んでこじると組み合わせ部分の隙間が出切るので更にそこにマイナスドライバーを差し込みつつ隙間を広げていくと割と簡単に分解することができます。

この手の部品にはパーツが壊れそうなくらいに力を入れてこじらないと外れないものもありますが割と軽めの力で分解できるように作られていました。

分解した後はボタン電池CR2025を交換してもとに戻せば終了です。

元に戻す時の力は軽めに抑えていけばハマる感じです。

交換後に実験してみましたがかなり遠くからでもキーレスリモコンが作動するようになりました。

アクセラの場合は車から降りて離れると自動で施錠してくれるオートロックシステムがあるのですが、やっぱりこの機能は本当に楽ちんですね。

ただこのシステムに慣れてしまうと他の車に乗った場合はうっかり癖で車を施錠せずに離れてしまい、ロックしない事に気づいて慌てるという部分もありますが、、

まぁキーの電池交換もしたので気持ち良くまたアクセラに乗り続けようと思います。

-アクセラ(BM5FS), 趣味いろいろ,