デジタル関連 健康関連 生活その他

パナソニックの炊飯器購入「スチーム」か「ノンスチーム」か悩む

パナソニック炊飯器の故障(というか寿命?)

PanasonicのIH炊飯器を10年近く使っていましたが、最近炊飯器の後ろ側に蒸気が漏れるようになってご飯を炊いた後の掃除が大変な感じになってきてしまいました。

ブログ的にはパッキンとかパーツとかを替えたりしてやり過ごしたかったのですが、奥さんからの強い圧力と要請を受けて買い替えする事にしました。

最近のパナソニック炊飯器は「おどり抱き」とか「保温中スチーム自動投入機能」とかのある製品が多くなっているみたいです。

炊飯器の買い替えを模索

我が家的には割りと保温で長時間使ったりする使い方をそれほどしないのもあり、スチーム機能がついていると逆に「水の継ぎ足し」とか「スチーム用の水容器」の洗い物が増えるのがめんどくさそうというズボラな理由でこちらの(スチームなしバージョンの)炊飯器を選択しました。

購入後の感想

購入した結果、シンプルメニューで使いやすく(今まで使っていたHB系と操作方法が全く変わらない為、非常に使いやすい)簡単に美味しくご飯を炊く事ができたので大正解でした。

見た目的にも上側の柄が違う位でほとんどいままで使用していたHB系と見た目が変わらず違和感が全くありません。

あまりにも操作感と見た目が変わらなすぎるという事もあり新しく炊飯器を買った感が全くありませんけど。

とはいえ簡単に美味しく炊けるので購入して良かったと思います。

長く使った退役寸前の炊飯器のHB系と比較するのもどうかと思いますが、保温性能も上がった気がします。

また、内釜のコートも新しいだけあって非常に洗いやすいですね。

パナソニックさんは内釜などのパーツだけ購入したりする事ができるので(そうするか)悩みましたが、家電としてはかなり長期間使用していたので他の部分が故障するリスクなども考えて買い換えする事にしましたが、結果は大満足です。

自分個人のものは長期間騙し騙し使う事が多い私ですが、家族で使うものは定期的に買い換えたほうが正解かもしれないと改めて思ったりしています。

上を見ると10万円近い製品もあったりする炊飯器。(毎日使うものだからそれくらい出しても良いという考えもありますが)洗い物も毎日の事なので少しでも洗い物が少なくなりそうなので、我が家的にはスチームがついていないモデルを選択しましたがなんとなく最近の潮流的にはスチームモデルが推されてる感じを受けます。

今回購入したモデルは本当にシンプルなメニューで使いやすいので高齢者にも使い勝手が良さそうです。

ローカット玄米との相性も良い

我が家では昨年から健康を考えローカット玄米を混ぜてご飯を炊いていますが今回購入した炊飯器で十分美味しく炊飯できています。

前回炊飯器を購入した時は40代でしたが今回の購入では50代。

次回の炊飯器買い換えのときには一体私は何歳になっているのかわかりませんが、元気に暮らしていたいものです。

-デジタル関連, 健康関連, 生活その他