デジタル関連

スマートフォン用メタルプレート導入

愛用しているスマートフォン用メタルプレート

記事にしたように先日使い古しのスマートフォンケースを自家塗装してリニューアルしました。

スマホケースのあれこれと自家塗装リニューアル

続きを見る

その際に当初から貼ってあったメタルプレートを剥がしてしまいました。

このメタルプレートがあると自宅や営業車に設置しているマグネットのスマホホルダーにスマホが装着できるので非常に便利です。私はメタルプレートが最初からついてるスマートフォンケースや後付したケースを愛用しています。

なのでメタルプレートを剥がした時にすかさず新しいものを注文していたのですが、ようやくその商品が楽天から到着しました。

(楽天に若干ポイントが残っていた事もあり、今回はAmazon大好きな私には珍しく楽天で注文をしました)

レザー調メタルプレート

金属板がむき出しになっているタイプでなく今回購入したものはレザー調のものに包まれているメタルプレートです。その辺に沢山ありそうで意外となかなか無かったりします。

レザー調のものにメタルプレートが内包されている為、マグネットの吸引力がどのくらい弱くなるか若干の心配はあります。

開封作業開始

早速封筒を開封していきます。

本体は結構小さい箱に入っていました。

箱を開けるとレザー調のメタルプレート(両面テープ付)が2枚と脱脂用のアルコールシート等が同封されています。

早速装着!

位置がズレないように何回か仮置して確認しつつメタルプレートをスマホに装着してみました。3Mの両面テープが裏面についているので一度接着したら剥がすことが難しそうだったので慎重に行いました。

装着した感じでは革風な感じでなんとなくケースと色味は合っている感じがしました。個人的にはいつも大体良ければOKな性格のO型なので大丈夫だと思いこむ事にしました。

とりあえず頑丈なタフケースでいながらマグネットホルダーに装着できるシステムが復活しました。

これくらいゴツいケースならマグネットホルダーから外れて落ちたり、通勤中に手が滑って落としたりしても多分ガラスが割れたり本体が使えなくなる様な事態になる事はなさそうな気がします。(※個人の感想です)

ケースも塗装したばかりの時は若干ペタペタとくっつく感じがありましたが、乾燥してそういう感触もなくなったので既に通常使用を開始しています。

タフなケースはアウトドア(そんなこといいつつ釣りとかキャンプとかめっきりご無沙汰ですが)にも最適です。これから活躍してくれる事を祈ります。

先週の週末も夜釣りに行くかかなり悩みましたが、緊急事態宣言中はやっぱり辞めておくかと我慢する事にしました。※本当はただ値落ちしてしまっただけ(笑)

しばらくこのケースとプレートを相棒に生活してみたいと思います。

追記

万全と思われたこのスマホケースでしたが、早くも端っこの部分の塗装が剥がれてきました。塗料の耐久性にやや難があるのかも知れません。

人生は有限なので素直に断捨離して新しいものを購入しようと思います。

-デジタル関連