趣味いろいろ 釣り

スピニングリールの逆転スイッチレバー

逆転スイッチレバー必要?不要?

自分がよく使うのでてっきり他の人も当然使っているものだと思いこんでいた逆転スイッチレバー。

知り合いに聞いてみたところ意外にも「あまり使っていない」という返答でびっくりした記憶があります。

一般的には触らない人が多いんですね。

メーカーとしても人が触らないところにコストもあんまり掛けられないし防水の観点からみても不要だし廃止してしまえという方向になったのでしょうね。

個人的にはこの機能はかなり残しておいて欲しい機能なのですが。

ラインのたらし調整とか、ベール位置の修整なんかで昔から当たり前にこの機能を使っていたので今更それがない機種を使うのはちょっと厳しいなと感じている私です。

リールが防水でない事で今まで困ったことは一度も無い私。

防水化の代償でこの機能が廃止されるというのは悲しい感じです。

シマノの逆転スイッチレバーは小さい

数少ないシマノリールの不満点といえばこの逆転スイッチレバーが小さいという事でした。

もう少し大きくしておいて欲しかったなと思います。(※写真のシマノリールは長期愛用中の08セフィアCi4です)

ダイワの逆転スイッチレバーは大きい

これはダイワに軍配が上がります。(写真はダイワ17セオリー。このリールあまり使ってないけど実は結構形が好きなリール)

交換スプールが安かったりメンテンナンスが楽ちんだったり、お気に入りパックロッドのメーカーがシマノなので一応ブランドを揃えておこうか!とか様々な理由から(あんまり大した理由じゃないなと自分でも書いていて思いました)現在も長期愛用中なのはシマノリールの方なのですが、ストッパーの使いやすさに関しては実はダイワが良いなと以前から思っていました。

逆転スイッチレバー機構は廃止の方向か

ただ、シマノさんはその小さい逆転スイッチレバーさえも最近ではアルテグラあたりのクラスから搭載されて無い様子。

上級機種のツインパワーも当然ながら非搭載です。

スイッチレバーの形や大きさがシマノより良いなと思っていたダイワさんも同様でルビアスやセルテート等の機種でスイッチレバーが無くなりましたね。

少し位搭載機種を残しておいて欲しい。

そう思いましたが流れが廃止の方向ならしょうが無いですね。

今ある機種の中で良さげな機種を今後の為にストックしておこうと思います。

17セオリーですら使用頻度が低いのにも関わらず、そんな思いもあって最近、逆転スイッチレバーが搭載されている数少ない現行機種の19バリスティックを確保してしまいました。

このリール購入は無駄遣いじゃない!

今後も快適に釣りを継続する為、廃止方向になっている逆転レバースイッチ搭載機種を今、緊急確保しなければいけないという熱い思いからの投資行動なのだっ!

という購入に関する長い言い訳をしょうもなく語ってみました(笑)

-趣味いろいろ, 釣り