当サイト記事では商品・サービス紹介にアフィリエイトプログラムを利用しています

DAISO「深型取っ手付き茶こし」を買ってみた

紅茶をティーバッグ派から茶葉派に転向

お金も大事ですが健康の方がもっと大事です。

健康と節約のために毎日水筒に紅茶を入れて職場に持っていく事が多い私。マイボトル生活の初期はティーバッグを使用していましたが、茶葉のタイプのほうが量を調整出来て便利かなという単純な理由で茶葉派にすくに転向しました。

紅茶一人分を作るなら洗い物がいらないティーバッグの方が優秀かも知れませんが一度に自分の分と妻の分の紅茶、そしてマイボトル分の紅茶とかを一気に作る場合は濃さを調整できる茶葉タイプの方が便利な気がして今は茶葉タイプを愛用しています。

取っ手タイプのダイソー茶こし

なるべく効率よく且つ美味しく紅茶を飲みたい私、今までは急須用の茶こしを転用して使っていましたが持つところが無くて熱湯を注いだ直後は熱くて持ちづらくて困っていましたw

最近取っ手のついたタイプの茶こしをダイソーで買いましたが取っ手の持つところがあるだけでめっちゃ便利になります。

予想外に感動した一品でした。

この茶こしを購入後、マイボトル生活の質が上がった気がします。

コストについては逆に下がっている気もしますが、厳密にティーバッグとのコスト計算をしていないので正直よくわかりませんw

このダイソー茶こしは正式名称「深型取っ手付き茶こし」という商品です。

茶こしに耳がついているのでカップや水筒等大きさが違うものにも余裕で対応してくれるスグレモノです。

見た目は結構チープ、、、、、というかダイソーなので実際安いのですが使いやすくて洗いやすいので今の所はメリットばっかりな気がします。

健康のために飲みはじめたホエイプロテイン、紅茶の茶葉(マイボトル紅茶用)、ランチスープジャー(肉野菜スープ)の具材、(その他にも床屋とか)生きていく上でお金が掛かっているものはそこそこありますが、ふと気がつけばコロナ禍で飲み会も無くなり、平日はコンビニでもほとんど買い物をしなくなり、缶ジュースとかを買わなければお金を1円も使わない日も割と多くなってきました。

ここまで来るとちょっと楽しくなって徹底的にどケチ道を突き進めたい気もしてきましたw

昔の自分からはとても考えられない低燃費な生活ぶりです。

ブログと一緒で習慣化する事によって毎日の肉野菜スープの自作や筋トレ等にも結構慣れてきました。心身ともにいい感じで毎日を過ごせている気がします。

体重は筋トレの成果なのか体重がちょっと増えてきましたけど、依然として体脂肪計の体内年齢は36才~37才をキープしているのでそれなりに良い傾向が続いているのではないかと思います。

自分が平穏無事に暮らせていると周囲にもなんだか優しく出来る気がします。

アマゾンでも取っ手付き茶こしが売られているみたいです。値段もダイソーと大差ないのでいいかもしれません。

茶こし ステンレス製 取っ手付 17.5×7.5×高さ7.5cm
エコー金属(株)

 

テキストのコピーはできません。