アクセラ(BM5FS) 生活その他

自作アイドリングストップキャンセラー(マツダアクセラ)

マツダ「アクセラ」

「走る、曲がる、止まる」という車の基本をしっかり抑えている上、シートが良く出来ていて腰が痛くならないマツダ車のアクセラが私は大好きです。

家族は皆、遊べる軽自動車「新型ハスラーJスタイル」の方に心を奪われていて「テーブルがあるから車内でご飯も食べられてサイコー」などと叫んでいる息子を見たりすると若干悲しくなったりもしています(笑)

若い頃、同じくマツダの「ユーノス500」に乗っていた頃はハイオク仕様でリッター5キロ位しか走らないハイパワーエンジンが搭載されていたので「そんなに飛ばさないしもっと普通のエンジンで良いのに、、、」と思っていた私です。

なので今現在1500CCのなんの変哲もないガソリンエンジン(といってもユーノス・ロードスターと同じ気持ちの良いエンジン)を搭載したファミリーカーのアクセラがとても気に入っています。

ハイブリッドでもなんでもない使い古されたただのガソリンエンジンっていうのが良いんですね。

トヨタの社長ですら本当の本音の部分ではガソリン車が好きみたいです。

いいですね~トヨタの社長さんは素晴らしい。大企業の代表なのにとっても尊敬できる人物です。

もう少ししたら、大量に電気自動車のバッテリー廃棄が始まったりして「あれ?電気自動車って実はエコじゃないんじゃないか、、、、」みたいになり世界的なムーブメントで「やっぱりガソリンエンジンの方が良いね」って感じでガソリンエンジンが復権してくれないもんかな等と密かに期待している私です。

現在のマツダではモデルチェンジして「アクセラ」という車名が「mazda3」という名前に変わりましたが、私は車は基本長く乗る派に所属しているのでまだまだ当面買い替えはしないと思います。

レーダークルーズコントロールとか自動ブレーキとかそこそこの安全装備がついていて燃費もそんなに悪くないというこの普通の車が私は好きです。

FFなのに後席の真ん中が盛り上がっている(駆動方式による作り分けが出来ていない為、4輪駆動のプロペラシャフト用との事)ので5人乗りは辛かったりもしますが基本的には良いクルマだと思います。

ただ購入したディーラーは担当者が異動で交替してから、後任の対応がイマイチでもはやディーラーにはリコールでも無い限りは行く気がしないというのが本音です。※購入時担当者はとっても良い人でしたけど。

アイドリングストップキャンセラーをハスラーに装着

続きを見る

マツダ車のアイドリングストップのストップ方法

続きを見る

なんちゃってアイドリングストップキャンセラー(タイラップ)

乗り始めた初期からタイラップを使ってボタンを押し込む形にしてアイドリングストップをキャンセルしています。

※営業車で乗っているトヨタ車にもやってみましたが、この方法は通用しませんでした。

通常はアイドリングストップをオフがデフォルトで使いたい人のみがオンに出来る仕様であればそこまでアイドリングストップ機能も嫌われる事も無かったのかなと個人的には思います。

いくつかのタイラップのバージョンを(大きさとか色とか)変更して試しつつ運用してきましたが、一番最近のタイラップで誤作動(警告灯のエラー表示)が起きるようになりました。

エンジンをかけると数回に一回の割合で警告灯が点灯するようになりました。

個人的に原因を分析してみましたが、ボタンがしっかり押し切れていないのが原因な気がします(予想)

一番最近設置したタイラップは短くカットしすぎた事もあり、押し込む長さが足りなかったのかもしれません。

エンジンを掛けた時に警告灯が出たりするのはあまり精神衛生上良くないので年末に再度しっかりしたタイラップで再再設置することにしました。

まず少し長めにタイラップをカットします。

しっかりi-stop OFFのボタンを押し込みます。

なんちゃってアイドリングストップキャンセラーが完成です。

アイドリングストップのボタンを毎回押さなくてもアイドリングストップしないようになります。

タイラップの長さをある程度残したまま、カットするのが良い見たいです。

今の所、再設置してから1ヶ月以上経過しましたが、警告灯のエラー等が点灯しなくなったので今の所、一応成功という事にしておこうと思いましたが、それでもエラーの警告灯がたまにまた点灯する日がありました。

警告灯が点灯している状態は精神衛生上あまり良くありません。

良いのか悪いのかわかりませんが、とりあえず下記の作業を実施した結果、今は警告灯が点灯しなくなりました。もう少しこのまま様子を見て、それでも警告灯が点灯する様ならバッテリー交換をしようと思います。

アクセラi-stop関連「バッテリー充放電積算量リセット」方法

  • ボンネットを開く
  • キーをON。(エンジンはかけない)
  • 左足でブレーキペダルを踏む。
  •  チェンジレバーをNレンジに。
  • 5秒以上右足でアクセルペダルを踏む。
  • 充電警告灯が点滅する事を確認。
  • アクセルペダルのオン・オフを3回行う。
  • 充電警告灯が点滅から点灯に変わった事を確認。
  • チェンジレバーをPレンジ(パーキング位置・MT車はNレンジのままでOK)にしてブレーキペダルを離す。
  • キーをOFFにする。

-アクセラ(BM5FS), 生活その他,